Главное Свежее Вакансии   Проекты
26 0 В избр. Сохранено
Авторизуйтесь
Вход с паролем

「あの元カノ、多分独身だよね

「あの元カノ、多分独身だよね。結婚指輪してなかったし」「蘭、そこまでチェックしてたの?」「もちろん。指輪は顔の次にチェックするとこでしょ」私は真白さんと挨拶まで交わしたけれど、結婚指輪をしているかなんて見る余裕はなかった。

" ただ、甲斐との関係だけが気になって仕方なかった。「あの元カノ、甲斐に気ありそうだと思わなかった?」「うん、思った」「あんたは甲斐が元カノとヨリ戻してもいいの?」「いいも何も......」私には関係ないから。避孕藥後遺症科普 言葉を、私は言えなかった。心の中は混乱状態で、何をどうすればいいのかもわからない。自分がどうしたいのかも、わからずにいた。「そういえばさ、また昨日久我さんに会ったよ」「前に会った立ち飲みの店で?」「そう。また少し話したけど、何度誘っても依織に断られるって嘆いてたよ」久我さんからは、何度か食事に誘ってもらっている。でも私は、適当な理由をつけて誘いを断っていた。結局誘いを断るのなら、連絡先なんて交換しなければ良かったのかもしれない。"" 「食事くらい行ってあげれば?どうせ向こうの奢りなんだし、タダで美味しいご飯食べれると思えばいいじゃん」「それはさすがに失礼でしょ」「だって、依織よりも私の方があの人と会ってるっておかしくない?」蘭は久我さんの話をするとき、少しだけ嫌そうな顔をする。それなのに、彼の話を振ってくるのはいつも蘭の方だ。「昨日は久我さんとどんな話したの?」「ほとんど依織の話。依織のことしつこく聞いてくるから、直接本人に聞けって言ってやったの。そしたら、聞きたくても会ってくれないって言うから」「......何か、ごめん」久我さんは結構強引な所があるから、蘭が嫌な顔をしてもそこまで気にしていないのかもしれない。でも、私のせいで蘭に迷惑をかけていることは確かだ。「そうだ、来月の温泉!青柳に言ったら、奥さんと子供も連れて行きたいって。何度も会ったことあるし、いいよね?」「うん、もちろん。楽しみだね」「ホテルどこにする?やっぱお風呂の種類が沢山ある所がいいよね」その後は休憩時間が終わるまで、蘭と温泉旅行の話で持ちきりだった。でもその日の帰りに、思いがけないことが起きたのだ。"" 仕事は普段通り定時で上がり、私は一人で職場を出た。今日の夕食は自炊と決めていたため、何を作るか頭の中で考えながら歩いていたとき、ふと見覚えのある女性が目に映った。「......あっ」職場を出て少し進んだところで、私は立ち止まり思わず声を上げてしまった。そんな私に気付いた彼女は、可憐な笑みを浮かべ会釈してくれた。「悠の同僚の方ですよね?」「あ、はい!そうです。すみません、つい声上げちゃって......」穏やかに微笑む彼女は、今日も以前会ったときと同様、綺麗だった。むしろ、以前会ったときよりも顔立ちがハッキリしているように感じた。化粧が違うのだろうか。「あの、こんな所で何して......」

そこまで言いかけたところで、バカなことを聞いたと気付いた。こんな所に彼女がいる理由なんて、一つしかない。甲斐を待っているのだ。以前身内のお見舞いに来ていたときよりも化粧が濃いのは、これからプライベートで甲斐に会うから。女性は、好きな人に会うときは普段の自分よりも綺麗に見えるように取り繕うものだ。「悠を待ってるんです。これから、食事に行く約束をしていて」「......そうですか」嬉しそうに微笑む彼女は、女性の私から見ても文句なしに可愛かった。"今夜、確実に記憶は上書きされたのだ。 互いの熱い吐息が交じり合い、一つになる。私に覆い被さり感じている甲斐が、私を夢中で求めてくれたことが嬉しかった。

0
В избр. Сохранено
Авторизуйтесь
Вход с паролем
Комментарии
Первые Новые Популярные
Комментариев еще не оставлено
Выбрать файл
Блог проекта
Расскажите историю о создании или развитии проекта, поиске команды, проблемах и решениях
Написать
Личный блог
Продвигайте свои услуги или личный бренд через интересные кейсы и статьи
Написать

Spark использует cookie-файлы. С их помощью мы улучшаем работу нашего сайта и ваше взаимодействие с ним.